光コラボの迷惑な営業電話が増えてきているので勉強する

最近光コラボの営業電話が多いですよね。

前回の記事でNURO 光のことを取り上げたのですが、そもそも光回線周りってあまり詳しくないんですよね。屋外の手の届かないところにありますし、自分でいじれるものでもありませんので知識を得る機会が少ないのです。

そういうわけでNURO 光の話の流れで光コラボについても勉強しておきます。これまでは対応がめんどくさいのとか業者が胡散臭いという理由で断ってましたが、実際のメリットとデメリットを理解しておくべきですしね。

光コラボとは

光コラボレーションモデルとは|フレッツ光|NTT西日本公式
コラボ光とは光コラボレーション事業者が、NTT西日本から光回線を借り受けた光回線と、独自サービスを組み合わせて提供するサービスです。サービスの特長や各種お手続きをご案内します。【NTT西日本|フレッツ光公式】

光コラボはNTT東・西日本が提供するフレッツ光の光回線について、他の事業者が販売可能にしたものです。

光回線事業がNTTの市場独占状態だったことが総務省から問題視されて2015年から始まりました。MVNOとか電力自由化の光回線バージョンみたいなものでしょうかね。

従来はNTTとプロバイダの2社の契約をしないといけませんでした。インターネットの契約のややこしいところです。

光コラボであれば回線とプロバイダで分かれていた契約を1本化することができ、回線部分のコストを下げることができると謳われています。

光回線の転用

現在フレッツ光を使用していて光コラボにする場合、まずは既存のフレッツ光を解約する必要があります。

ただ、引いていた光回線については撤去せず、それを光コラボ事業者との契約で使用します。これが転用です。

逆に光コラボを解約してフレッツ光に戻す場合も光回線は既設のものをそのまま使い回します。

フレッツ光以外の回線事業者は対象外

光コラボはあくまでNTTのフレッツ光の回線を使用するので、他の回線事業者の場合は新たに回線を引く必要があります。

例えば僕が自宅で使っているeo光は、光回線もプロバイダもeo光のものですので、光コラボ事業者の光回線を使うのであればeo光は解約して光回線も撤去が必要です。光コラボがプロバイダ込みでなければプロバイダも探す必要があります。

光コラボ事業者の勧誘トラブル

消費者にとっては事業者を自由に選べてコストが安くなるかもしれないので良いことばかりのように思えますが、一方で勧誘によるトラブルも多いです。これによって光コラボの印象が悪くなってる気がします。

NTTのブランドを利用してくる

まず光コラボ事業者はNTTのWeb上で公開されています。言い換えればNTTから認可を得ているということです。

「光コラボレーション事業者さま」及び「お取り扱いサービス」一覧 | 光コラボレーションモデル | NTT東日本
【光コラボレーションモデル】について、「光コラボレーション事業者さま」及び「お取り扱いサービス」の一覧を掲載しています。

NTTのお墨付きとはさぞかし優良事業者なんでしょうな……と思いきやめちゃくちゃ多いです。これらの事業者同士で顧客を取り合っていると思うと、その玉石混交具合が伺えます。

光コラボにかかわらず、営業電話はNTTの名前を出して信用させてこようとする輩が多いです。そういうのに限って怪しいのが多いので、NTTの名前を出すとむしろ逆効果になりつつありますが。

そういえば電話でやたら「NTTの特約店」って言いたいだけの業者もいました。トップ企業は違いますなぁ。

工事が不要で簡単なことを逆手に取ってくる

光コラボは既にフレッツ光を使用していれば工事が不要で簡単に済ませられることが、かえって人を騙すのに利用しやすいんでしょうね。

実際に総務省からも注意喚起がされています。これは法人・個人問わずトラブルが多いんでしょうね。

https://www.soumu.go.jp/main_content/000388714.pdf

実体験

僕が受けたやつで悪質だったのは、

  • あたかも既に契約している風な口調で「現在のインターネットを引き続きご予定でしたら、料金がお安くなるのでお知らせのお電話です」と言ってくる
  • 口頭での説明だけではわかりにくいので書面で説明するからと訪問のアポを取り付けてくる
  • 過去に取引や付き合いがあったかどうか聞いてもはぐらかしてくる
  • 実際に合うと申し込み用紙を出して契約を進めようとしてくる

ってな感じでしたね。気になってネットで社名を調べたら似たような事例のコメントがいっぱい見つかりました。

とにかく苛立ったのは新規の営業ならそうとはっきり言えばいいのに、それをはぐらかし続けたところでした。その営業も引き継いだからわからないとか言ってたので、最後にどの社員とやり取りがあったか調べて教えろって言って帰しましたが、一向に連絡はありませんでした。

それから半年ぐらい経ってからその営業から電話があり、新鮮に同じ営業をかけられましたとさ。さすがにあきれました。仮にサービスが良くても顧客管理が一切できない業者のようです。

光コラボ事業者がみんなが悪いとは思いませんが、この一件があって以来光コラボの営業はすべて即断ってます。

光コラボのデメリット

メリットは安くなること以上も以下もありませんが、逆にデメリットはあるのでしょうか。

まず光回線自体はNTTのフレッツを使用するので、物理的な差はありません。そのため回線速度は光回線の観点からはフレッツ光でも光コラボでも変わらないでしょう。

差があるとすればプロバイダの差。これについてもフレッツ光だろうが光コラボだろうが選ぶプロバイダに依存します。

というわけで、機能的なところを見るとメリットもデメリットもありません。

あるとすれば回線事業者の保守やお問い合わせ窓口の対応だったり、サービス終了したり倒産しないかどうかという点が、新興のサービス事業だと弱点の可能性が高いです。

一般家庭レベルであれば代替サービスに乗り換えれば済む話ですが、法人だと事業の稼働率に影響を及ぼしかねないので要注意です。

どれぐらい安くなるか

どれぐらいお得になるかによって検討に値するかが決まります。実際どれぐらい安くなるかについて調べてみました。

通信関係の利用料ってたいていキャンペーン価格とかで表記されて実際の金額がわかりにくかったり、プロバイダ事業者や光コラボ事業者の選択によって差が出ます。今回はプロバイダと光コラボ共に提供しているビッグローブ社の料金を参考にしてみます。

条件としては戸建てで1Gbpsの回線を使用するということにします。

フレッツ光 料金詳細(西日本)|プロバイダならBIGLOBE
フレッツ光へのお申し込みならプロバイダのビッグローブ(BIGLOBE)。BIGLOBE 光パックNeo withフレッツの料金・月額費用をご紹介します。

まず通常のフレッツ光のパターンです。フレッツ光ネクストで4,730円、プロバイダはビッグローブにすると1,100円とのことですので、合計で5,830円です。

【公式】料金表-ビッグローブ光 インターネット光回線
ビッグローブ光10ギガ/1ギガの料金表ページ(マンション・一戸建て)。月額料金や初期費用、お支払い方法などをご案内。au・UQ mobile ユーザーはスマホ料金の割引サービスもあります。無線LANルーターや光電話、光テレビなどの各種オプシ...

一方で、光コラボとしてビッグローブ光が提供されているのでこちらを参考にすると5,478円でした。352円安いですね。

うーん、一般家庭では結構な節約になりそうですが、法人規模でこの価格差だったら手間を考えると検討しないかなぁ。

コメント

コメントする前にお読みください

プログラミングに関する質問について、詳細なコードはお答えしませんのでご了承ください。
また、迷惑コメント防止のために初回のコメント投稿は承認制です。投稿が反映されるまで少し時間がかかります。